2018年12月 モルディブ視察レポート2 <水上飛行機・テイクオフ🛫>

12月10日(月)晴れ☀

🕢 07:30amごろ、Vista Beach Retreat出発

Vista Beach  のスタッフ(車)で空港まで送ってもらい、降車場で降りると、そこに現地手配会社スタッフが迎えに来てくれていました。

※オレンジ色の車が停まっているところが、フルマーレからの車、バス降車場(Google Map より拝借)

今日は、水上飛行機でアリ環礁の「ダイアモンド・トゥドゥフシ」へ向かいます。

🕣08:30am~ :水上飛行機チェックインタイム


TMA(Trans Maldivian Airways)チェックイン・カウンター(Google Map より拝借)

預け荷物(スーツケース)と手荷物を計測。
預け荷物20kg、手荷物5kgまで無料です。超過料金はUS$5/1kgにつき(2019年2月現在)
水上飛行機がとても混んでいる、全乗客の荷物が重すぎる、、場合は、荷物だけ後便になることも稀にあります(その場合、すぐに必要なモノはスーツケースから取り出し、TMA souvenir bagに入れて運びます)
ちなみに、リゾートにはチェックイン(計測)システムがないので、この超過料金は往路で往復分(超過キロx2倍)支払うシステムです。

チェックインの時に「経由地はある?」と聞くと、「あなたの便は、トゥドゥフシへ行って、そのあとアスルガ行きます」と言わました。久しぶりのダイレクト(1ヶ所目)便だぁ!

水上飛行機チェックインが終わり、水上飛行機ターミナルへ
リゾートによっては「リゾート専用車」がありますが、ダイアモンド系にはないようで、、TMAバスで移動。

それにしても、いつも思うのが、、フルマーレに泊まっているときに、翌日水上飛行機乗るときの「移動のムダ」。
『フルマーレ→→水上飛行機チェックインカウンター=ヴェラナ国際空港』と『ヴェラナ国際空港→→水上飛行機乗り場』は、ほぼ同じ道を通るんですよね。

3年ほど前から、「ナゼ、水上飛行機乗り場(ターミナルビル)でチェックインできるようにしないのか??」と言っているんだけど、「システムが・・」とか「国際線到着してからすぐにチェックインできるように・・」だとか言っております。
新水上飛行機ターミナルが近々完成予定なのでその時にはできるのでは?と、あるモルディブ人は言っておりましたが、果たしてどうなることやら。。

今回も「さっき通ったこの道を、また通るのね。。」とぶつぶつ思っていると、水上飛行機ターミナルに到着。

ダイアモンド・リゾートは専用ラウンジがないので、TMA VIPラウンジで待ちます。
サンドウィッチ、マフィン、マスフニ(モルディブ朝食の定番のツナフレークとライムとココナツなどをMIXしたモノ。私の大好物😆)、カフェ、ティーなどは揃っているし、wifiも使えるので全く不自由なし。

🕘 09:00am :出発予定時刻

が、いつものように遅れて、、9時過ぎに係員が「そろそろ出発です」と呼びに来てくれる。

水上飛行機乗り場へ移動。
モルディブに何度来ていても、この桟橋を歩いている時はワクワクします。
建設中の新水上飛行機ターミナルビル。確か、2016か2017年に完成予定。と聞いていたような。。


私の乗る水上飛行機✈

最後に搭乗しましたが、最前列の窓側(1席)が空いていました。写真撮影にベストポジション📷

水上飛行機は、1+2席配列で、約15席。フリーシートです。

扇風機はありますが、着陸中は切られている&後方座席までは届かないので、扇子は必須アイテム。
また、リゾート専用ラウンジだとミネラルウォーターを置いてあるところもあるので、それを機内に持っていくのもオススメ。

離陸前に、キャビンアテンダント(というのか・・・?、お客様への乗降の案内、離発着業務をする乗務員)から、「この便は、最初にダイアモンド・トゥドゥフシに行って、次にダイアモンド・アスルガ行きます」という案内に続けて、「シートベルトしてね」「ライフジャケットは椅子の下ね」「非常口は3ヶ所あるよ。詳しくはシートポケットのエマージェンシー・マップを見てね」などの案内。

機長室のドアは空いている(ない?)ので、コックピットも見られます。

予定よりも30分遅れで(想定内です😆)、、、

🕤9:30am :テイクオフ🛫

何度乗ってもワクワクする、車窓?機窓?からの風景


この日は雲が多く、下が全く見えず。。。

おっ、、白いヴィラが見えてきましたよ

ん!?でも、この水上ヴィラ群の形は、、トゥドゥフシなのか・・・・??
と思っていると、着水🛬

🕙 10:00amごろ:「Diamond Athuruga!!」

あらまぁ、なんと、、雲が多くてトゥドゥフシに着けなかったので、先にアスルガへ来たみたいです。
やっぱり今回も、ダイレクトに行けませんでした ※ダイレクトに行けない記録更新中(10回超)
※乗務員のコールするリゾート名が聞き取りにくかった場合、自分のリゾート名(例えば、「Is here トゥドゥフシ??」と聞けば、「Yes.」や「Next.」などと教えてくれますので、ご安心を。

アスルガで数名降機。
私は明日、アスルガへ移動なので、降りる方たちに「明日、アスルガで会いましょう!」と心の中で告げました。

その間、機内待機。扇風機が止まるので、扇子大活躍😅

約10分待って、再び離陸🛫


見えてきました!!
今度こそっ!

10:20頃:「Diamond Thudufushi !!」




副操縦士もゲストも空港(ポンツーン)へ降りて、荷物を降ろしてもらうのを待ちます。
トゥドゥフシの船(ドーニ)が迎えに来ました。

ゲストと荷物を載せて、トゥドゥフシへ🛥


ドーニに乗ること約5分。

ついに、、
やっと、、

🕥 10:30am頃:Diamond Thudufushi 💎到着

関連記事

  1. モルディブから生レポート③ ~ヴェラ・プライベートアイランド

  2. 2018年5月モルディブ旅行記㉑ フヴァフェンフシ①「3ヶ所めのリゾート~フヴァフェンフシへ」

  3. 2018年12月 モルディブ視察レポート20<ヴァッカル4> 夕食です!