モルディブ視察レポート<2023年3月>13 ~マーレ「新」水上飛行機場

マーレ(フルレ)空港島到着。
ボートを降りたところに、リゾートスタッフが迎えに来てくれています。

ボート降り場から、水上飛行機カウンターへ徒歩で移動。

空港のリゾートのカウンター。
昨年(2022年)、また拡大されました。リゾートが増えていますからね。

水上飛行機のチェックイン・カウンター。
今回は、いつものTMA(Trans Maldivian Airways / 赤&白の機体)ではなく、Manta Airです。スタッフに預け荷物(スーツケースなど)とパスポートを渡して、チェクイン。
※スーツケース+手荷物=25kg。それよりも重いと、超過料金がかかります。

水上飛行機ターミナルへはマイクロバスで向かいます(約5-10分)

水上飛行機ターミナルビルは、昨年7月に大改装が行われました。

昨年来た時(6月下旬)に「来月出来ますよ!」と言われたので、今回初利用!
利用された方からは「モルディブっぽくない!」と聞いていたので、ワクワクしながらビルに入ると、、

おぉー!明るい!


ビックリ!?
モルディブらしからぬ(!)、近代的なビルヂングです。


4階建て、スケルトンエレベーターもある!
間違いなく、国際線ターミナルビルよりも豪華です😄

出発まで、ラウンジで待ちます。
ラウンジは、誰でも利用できる「Neeri Lounge」と、水上飛行機会社のVIPラウンジと、リゾート・ラウンジがあります。(リゾートラウンジは、内装など工事中でまだ完成していないところが多いです)
Neeriは無料のラウンジですが、広々としてキレイで明るい。
軽食やドリンクなどは、売店で購入できます。
リゾートスタッフから、「搭乗まで20分ほどありますので、ラウンジの中でお待ちください。搭乗近くなったら、呼びに来ます」と言われたので、ラウンジ内を偵察。

バルコニーがあったので、外に出てみました。

水上飛行機がズラリと並んでいます。ほとんどがTMA機材。

草間彌生さんの「黄南瓜」柄のような水上飛行機は、フォーシーズンズ専用機です。

ウロウロしていたら、リゾートスタッフが「まもなく搭乗始まります」と呼びに来ました。
ちゃんと見つけてくれます。凄い。
出発予定時刻の15分遅れ。早い方です(笑)

おぉー!ちゃんとゲートの案内がある!

搭乗券。席はフリーシート。
搭乗が始まりました。
スタッフについて、水上飛行機乗り場へ移動します。

これは、Joali専用機材。薄いブルーで、花がデザインされていてオシャレ。

私の乗るManta の機材

機内へ。

TMAよりもMantaの方が座席(ピッチ)が少し広い気がします。

座席は、1-2配列x5or6列。
最前列は、翼がかからず、コックピットも覗けるので、私のお気に入りの席。
最後に乗り込みましたが、最前列が空いていました。
後方から乗るので、皆さん、わざわざ前まで行かず乗ってすぐの席に座るようです。

パイロットは女性。カッコ良い♫
最前列の特権。パイロットにお願いしたら、入れないけど撮らせてくれます。

Take Off🛫


空港島(フルマーレ)と首都マーレ島

夕方の時間帯なので、夕日を見ながらの遊覧飛行

水上飛行機からの夕日、初めて見ました。
有視界飛行(明るい時間帯にのみ運航)の水上飛行機なので、おそらくこの時間がギリギリ。
眼下にリゾート、島が見えます。

30分ほどの遊覧飛行を楽しんだら、リゾート見えてきました。

関連記事

  1. モルディブ視察レポート<2022年6-7月>65(完) ~まとめ@マーフシヴァル⑬

  2. モルディブ視察レポート<2022年3月>① ~ 成田出発🛫

  3. モルディブ視察レポート<2020年3月>61 ギリランカンフシ(まとめ)