【ザ・ノーチラス・モルディブ②】《2023年3月》~ ギャラリー編 ~

ザ・ノーチラス・モルディブに行かれた「pbsf 様」より沢山のお写真をいただきましたので、日記スタイルでギャラリーを作成致しました。
是非、ザ・ノーチラスでのリゾートライフを思い浮かべながらご覧ください。

ご旅行時期:2023年3月(7泊)/ シンガポール航空利用 / ご参加形態:ファミリー

▼ ザ・ノーチラスの旅行記編は、こちらをご覧ください。

 

【 The Nautilus ギャラリー 】

 

コロナ禍でもその勢いを止めないのが「モルディブ」。水上飛行機専用のターミナルは、マーレ国際空港から少し離れた場所にあるのですが、2022年に近代的な建物へと生まれ変わりました。この建物の中には、ラグジュアリーリゾート専用のラウンジもあり、もちろんノーチラス・ラウンジもあります。

新しくきれいになった水上飛行機ターミナル。めっちゃきれい!

 

マーレからザ・ノーチラスまでは、水上飛行機で約30分。様々なリゾートが眼下に広がります。

水上飛行機からはモルディブの輪っかが。

ノーチラス全景。向こうの無人島はノーチラスのピクニックアイランドになるそうです。

 

1周歩いて15分程の小さな島は美しい植物に溢れ、リゾートの入り口にあるモニュメントも緑に囲まれています。

ノーチラスは緑が美しいリゾートです。

 

どれだけ、緑が豊富かというと。。。

島内の道は植栽がとてもきれいに整備されています。

朝食をいただくタイムレストランからの木々に囲まれた景色。

 

毎日サンセットカクテルが楽しめる(宿泊費に含まれる)ナイボリバーも、形よく伸びるヤシの木に囲まれています。

メインプールとナイボリバー。

Ocean Houseへのジェッティにも緑が豊富。

 

そんな美しい海と緑溢れる自然に囲まれた「ザ・ノーチラス」での夢のようなリゾートライフが始まります。

スパやZeytounレストランへと続く桟橋の向こうに朝日が昇り、1日が始まります。

 

朝食は、Thymeレストランかお部屋で食べられます。温度管理されたガラス張りの部屋にビュッフェが並びます。

朝食Buffetのほんの一部。このほかにアラカルトメニューも豊富です。

朝食アラカルトメニューの中でイチオシの5 Spices Chicken Curry。おいしくて毎日オーダーしました。

 

昨今の海面上昇でビーチの浸食を防ぐ為、リゾートの周りには防波堤が造られおり、そのおかげで、こんなにも美しいビーチが広がっています。

青い空、青い海、白い砂・・・理想どおりのモルディブの休日。

 

ザ・ノーチラスでは、早朝、午前、午後と、様々な時間帯にハウスリーフでのスノーケリングを楽しみました。
ハウスリーフが良い島だとは聞いていましたが、想像以上でした。

ダイビングに行かなくても、ビーチから少し泳いだだけで、こんなに魚がいます。

スノーケリングの後は、部屋の広いサンデッキでゆったり寛きます。

広いテラスに広いプール。防波堤のすぐ外がドロップオフ。

 

滞在中には、ダイビングにも行きました。ザ・ノーチラスでは全てのエクスカーションがプライベートです。ボートで30分以内のところにダイブサイトがいっぱいあります。

ダイビングにはこんなボートで出かけます。毎日プライベートダイブでした。

Ocean Houseの向こうに夕日が沈みます。

Naiboli Barでは毎日18時から無料のカクテルタイムが。沈む夕日をみながらシャンパンをいただきます。

毎日美しい夕日が眺められました。

 

ディナーはどのレストランでも繊細なメニューが並びます。

Ocasoレストランには日本人シェフのケンゴさんがいらっしゃいます。(2023年3月時点)

 

4年ぶりのモルディブ、やっぱりモルディブはいいところだ! 年に1回は来なきゃ!と家族で誓い合いました。

 

関連記事

  1. 【ギリ・ランカンフシ】《2022年8月》~家族皆が毎日笑顔に満ち溢れた夢のようなリゾートライフ~

  2. 【アナンタラ・ディグ】《2018年7月》~素敵なお部屋と最高のスパ~

  3. 【ミライドゥ】《2019年3月》~文句のつけようのないリゾートで最高のバカンス~