南太平洋の楽園「タヒチ」へ ~視察ツアー・レポート② 2019/12月

成田からタヒチの玄関口・パペーテまで、『搭乗の瞬間から南国気分に・・』で有名な(?)「エアタヒチ・ヌイ」が直行便で運航。

2019年に導入されたタヒチアン・ドリームライナー(B787-9)
「ビジネスクラス」「エコノミークラス」に加え、「プレミアムエコノミークラム」も新たに誕生しました。

✈ 2019年12月・エアタヒチヌイに初搭乗する ✈

成田(17:40発) 🛫🛫 パペーテ(09:25着) 所要時間:10時間45分

アナウンスは、「フランス語」「英語」「日本語」、たまに中国語の3~4か国語。

成田を夕方出発し、離陸後1時間半ほどで「ドリンク」と「ミール」のサービス。
エコノミークラスでも、「スパークリング・ワイン」がありました。
250mlのミニボトルでもらえるので、”気”が抜けずシュワシュワで飲めてGood。

機内食①/夕食

ポリネシアンとフレンチが融合されたバラエティ豊かなお食事をお楽しみいただけます。

「Fish or Chicken?」と聞かれ、Chickenをオーダー。
カレー味(甘口のチキンカレー)で、美味しかったです。
大好きなKiriのクリームチーズもあり、完食😊

成田→パペーテ機内食(夕食)

 

機内エンターテインメント

16本の映画、40のミュージックアルバム、15のビデオゲーム、テレビドラマやドキュメンタリーなどから、お好きなものをお選びいただけます

最新型エンターテインメントシステム:パナソニックeX3を搭載、対角線30cmのタッチスクリーンは、十分な大きさ。
日本語吹き替え、邦画などは、10作品ほどありました。
私は、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」と「コンフィデンスマンjp」を鑑賞。
難しく考えずに観られたので、機内で観るにはピッタリの映画でした。

・・・・・睡眠中・・zzz・・・

機内食②/朝食

到着2時間前頃に、朝食がサーブされました。
オムレツとポテト。見かけよりも美味しかったです。

成田→パペーテ機内食(朝食)

 

そうこうしているうちに、眼下にタヒチ島が!
ちょっと曇っているかな。

着陸態勢に入りました🛬

 

機内、座席について

空気清浄システム、乱気流防止センサー、静かなエンジン、指で明るさを調節できる大きな窓など、お客様の空の旅をより快適に、旅の疲れを軽減するための最新の設備とシステムを備えています。

🌸ビジネスクラス(ポエラヴァ・ビジネス)

ロックウェル・コリンズ社のパラレルダイアモンドシートを装備。
152cmのシートピッチを確保、ベッドポジションでは長さ198cmのフルフラットシート
機内エンターテイメントをお楽しみいただくためのタッチパネル式モニターとコントローラー、読書灯、プライバシーを確保する仕切り、ベッドポジションで快適な眠りのためのベッドパッドを装備、厚みのあるダウンの毛布と柔らかな大型クッションで快適にお過ごしいただけます。

ビジネスクラスの座席

 

ある日のビジネスクラスの食事

 

🍾フランス産地を中心としたワインリスト(一例)🍷
シャンパンロゼ「Charles Heidsieck Rose Reserve」シャンパン白「Charles Heidsieck Brut Reserve」、
白ワイン「Saint-Veran Loues Jadot」「Chateau De Fesles」
赤ワイン「Rully Joseph Drouhin」「Saint-Emilion Grand-Cru le Cedore de Jean Faure」
ロゼワイン「Cotes de Provence Rose Perle de Roseline」
※時期や仕入れ状況によって、種類が変わることがございます。

その他、ビール、ウィスキー、シングルモルト、ジン、ウォッカなどの食前酒、食後酒、ノンアルコールドリンクなども多数ご用意しております。

 

🌸プレミアム・エコノミー(モアナ・プレミアムエコノミー)

ゾディアック・アエロスペース社のZ535タイプの座席を採用し、足元にゆとりのスペースを確保してさらに快適なフライトを実現。独自の構造によりシートピッチが96.5cm20cmものリクライニングが可能。
快適なフライトをお過ごしいただけるように、大判のフリースブランケットと柔らかなクッションもご用意しています。

プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミーのアメニティ(歯ブラシ&歯磨き粉、耳栓などが入っています)

 

🌸エコノミークラス(モアナ・エコノミー)

ゾディアック・アエロスペース社リクライニングシートZ300は、市場でもトップクラスの新世代型シート。一列に9席(3-3-3)の座席配置とし、より快適なフライトをお過ごしいただくためにシートピッチ79cm、リクライニング15cmを確保。
大判のフリースブランケット、タヒチの島々を思わせる布使いのクッションもご用意しています。

エコノミークラス

ある日のエコノミークラスの風景

関連記事

  1. 【ソネバフシ&デュシタニ 2島滞在】~たくさんの海洋生物に出逢えた夏の思い出~

  2. 2018年5月モルディブ旅行記㉖ フヴァフェンフシ⑥「魚を見ながらのSPA🐠」

  3. ソネバフシの水上レストラン「Out of the Blue」