モルディブ視察レポート<2023年3月>2 ~羽田🛫バンコク空港へ

JL33(UL3357)便、定刻通り00:05に出発。
混雑具合は、50-60%といったところかな。

バンコクまでは約7時間。
出発前にJALのサイトで「機内エンターテインメント」をチェックし、6つほど見たい映画があり、行きに最低でも2本は鑑賞しなければいけない。
そのために昼寝までしたのだが、機内はすっかり「おやすみモード」。
やはり睡魔には勝てず、何度も巻き戻しをしながら、妻夫木聡主演、日本アカデミー賞を席巻した「ある男」の1本だけ鑑賞。面白かった!

到着の2時間ほど前に朝食のサービス。
早朝、バンコク・スワンナプーム空港に到着🛬

バンコク・スワンナプームの乗り換え方法

✈バンコク・スワンナプーム空港の乗り換え方法

1.飛行機を降りて、「Connecting Flights」の案内の通り、ひたすら歩く(たぶん、5分以上歩いた)※乗り継ぎ時間は3時間40分あるので、ゆっくりで大丈夫!

2.『=>Connecting Flight』 のところに来たら、右折(=>)

出発便案内ボード(Departure)があるので、GATE No.などを確認します。
今回の便「UL403」は『D8』

3.『Connecting Flights』入口
ここで、パスポートと搭乗券を提示し、手荷物検査を受けます。

4.検査が終わって、エスカレーターで上の階に進み、出発ロビーへ。

5.免税店などで過ごす前に、Gate『D8』の場所を確認します。
D1-D8は、、、まっすぐなのね。

出発時間とGATE番号は急に変わることが多いため、念のため再確認。
UL403便は、、、
8:40出発 / Gate:D8 変わらず。OK!

案内の→通りに進み、
D8ゲート、見つけました。

出発まで1時間30分以上あるので、免税店やレストランなどのエリアに戻ります。

免税店エリアのお店、かなりあります。

お酒、化粧品、タバコなどのお店、お菓子類、ブランドブティック、タイシルクやバティックのお店、そしてタイブランドの「ジムトンプソン」やコスメブランド「ハーンHARNN」を扱うお店もありました。

食事処も多いです。
飲茶や中華料理の軽食などのお店

タコスのお店「Taco Bell」や

ピッツェリア、バー(パブ)など

私はお腹が空いていなかったので食事処には入りませんでしたが、気軽に入れそうなお店がいっぱいあったので、時間を過ごすのに良い空港です。
脆弱ですがパブリックWifiもあり、メッセージを受信&送信する程度は出来ました。

ブラブラ免税店エリア散歩を済ませ、少し早めにGATEへ。

GATE前は窓に覆われていて、明るい。

スリランカ航空、来ています。

搭乗始まりました。
いざ、コロンボへ✈

関連記事

  1. モルディブ視察レポート<2022年6-7月>27 ~3ヶ所目のリゾート『ミリヒ』へ ① 

  2. 2018年5月モルディブ旅行記16 シックスセンシズラーム⑦「癒しのひととき~スパ・ヨガ」

  3. 謹賀新年2020🎍