アマンサラ

神秘的な遺跡の町に寂静と溶け込む、寺院のように厳かな佇まいのリゾート

✽  ✽  ✽  ✽  ✽  ✽  ✽

イチオシ・ポイントあ
* シハヌーク王の時代にゲストハウスとして使われていた邸宅を利用した、60年代のニュー・クメール建築の傑作
* ユネスコ世界遺産・アンコール遺跡にもアクセスが良い、シェムリアップ郊外の静かなる聖域
* アンコール遺跡公園内のスラ・スラン(王の沐浴池)沿いに建つ、アマンサラ所有の”クメールビレッジハウス”で楽しむ様々なダイニング
* 石造りの柱や浮彫りのレリーフ、仏像の装飾が織りなす、寺院にいるかのような荘厳で美しい空間

暮らす・くつろぐ ~ 小さな寺院のような隠れ家スイート ~

ココがポイント!
* モダンなデザインを取り入れ、シックな色の木材と淡いテラゾで仕上げられた、エレガントなスイート
* 高い天井、大きな引き戸の窓が造り出す、開放的でシームレスな明るい空間
* ベッドルームや中庭に飾られている砂岩の浮彫りレリーフは、近くの遺跡を参考にしたもの

  • スイート( 2室/75㎡ )
  • コートヤード・スイート( 10室/100㎡ )
  • プール・スイート( 12室/141㎡ )

味わう・酔いしれる ~ 伝統的なクメール料理でカンボジアの食文化を知る ~

ココがポイント!
* 緑豊かな芝生とメインプールに面した円形のエレガントな”ザ・レストラン”では、伝統的なクメール料理を提供
* アンコール遺跡公園内のスラ・スランに面する、アマンサラが所有する伝統的な高床式の”クメールビレッジハウス”では、寺院観光後のゆったりした朝食、クッキングクラス、ライブ音楽を聴きながらのキャンドルライトディナーなど、様々なダイニングを用意
* 木々に囲まれたルーフテラスは、夕刻からカクテルなどの飲み物が楽しめる他、プライベートディナーや、サンライズヨガ&朝食もできる静かな空間

◆レストラン◆

  • ザ・レストラン「The Restaurant」= メインレストラン、クメール&西洋料理
  • クメール・ヴィレッジ・ハウス「Khmer Village House」(※アンコール遺跡公園内)= クメール料理

◆バー◆

  • ルーフテラス「Roof Terrace」= バー

楽しむ・遊ぶ・癒される ~ アマンのおもてなしで世界遺産を楽しむ ~

ココがポイント!
* クメール伝統の癒しとアマン独自のオーガニックブレンドを織り交ぜた、スパトリートメント
* 早朝のアンコールワット観光、サイクリングでの遺跡巡り、寺院でのディナー、遺跡保存所への特別入場、人力車やヴィンテージメルセデスのリムジン送迎、ヘリコプター手配など、世界遺産のアンコール遺跡をより深く楽しめるエクスカーション
* アマンサラ所有のボート”アマンバラ”で、高床式の村の生活や豊かな自然を感じ、船上ピクニックやカクテルを楽しみながら、東南アジア最大の淡水湖であるトンレ・サップ湖をクルーズ

◆施設◆
スパ(Aman Spa) / プール(2つ) / ブティック / ライブラリー など

◆アクティビティ、エクスカーション◆
* アンコール遺跡観光(アンコールワット、タ・プローム、バイヨン寺院など)
* トンレ・サップ湖クルーズ(サンライズ/サンセットクルーズ、高床式の木造家屋の村訪問など)
* ジープ・アドベンチャー(未舗装の道路をジープで走り、田園地帯やローカルの村を訪問)
* サイクリング(自転車でアンコール遺跡やローカルの村を訪問)
* アンコール遺跡保存所(発掘された遺跡の保存所を特別に訪問)
* クッキングクラス(クメールビレッジハウスにて、伝統的なクメール料理を作る)
など

お問合せはこちらから

Amansara

アクセス/リゾートマップ

・カンボジア/シェムリアップ
・シェムリアップ国際空港から車で約15分
・アンコールワットまで車で約10分

<航空写真>
<リゾートマップ>
最新のお知らせ

関連記事

  1. フィノール

  2. リリィ・ビーチ・リゾート&スパ

  3. Wモルディブ