安心安全にモルディブへ【カタール航空編】

現在、カタール航空は、成田-ドーハ間のフライトを毎日1便の運航を継続しており、安定したサービスを提供しております。
またモルディブへのアクセスも可能で、搭乗に際し、事前のPCR検査も必要ありません。(モルディブ以外の一部地域は必要)
【重要】モルディブ入国に際し、日本出発の72時間  → 96時間以内(10/15より)に検査・取得されたPCR検査陰性証明書の提示が必要です。

新型コロナウイルス対策には細心の注意を払い、様々な取り組みがなされる中、最高水準のサービスも提供しております。
カタール航空のサービスにつきまして、下記にご案内致します。是非、モルディブ旅行計画にお役立て下さい。

フライトスケジュール(成田-マーレ)*QR=カタール航空(2020/10/6現在)

《往路》
QR807便  成田  22:30発  - ドーハ 03:50着(翌日)(所要時間:11時間20分)
QR672便  ドーハ 02:05発  - マーレ 09:05着    (所要時間:  5時間00分)
《復路》
QR675便  マーレ 20:00発  - ドーハ 22:45着    (所要時間:  4時間45分)
QR806便  ドーハ 00:30発  - 成田  17:00着    (所要時間:12時間30分)

※発着時間は現地時間です。(時差:モルディブは日本より4時間遅れ、ドーハは日本より6時間遅れ)

◆ブリュクシートラベルでは、往路:ドーハ空港内トランジットホテルの手配をお手伝い致します。

最新鋭機種にて運航

世界で初めて就航させた最新鋭機種『エアバス350-1000型機』を、成田ードーハ線で運航しております。(2020/10/6現在)

【A350-1000の特徴】
・高度最先端技術の設計により、同クラスの他航空機と比べ燃料消費量25%削減を実現。
・垂直な壁と大きめの窓を採用した広々とした客室、どのクラスにおいても最大の客室幅、座席幅を誇る。
・大きな頭上収納棚で最大限の収納を提供。
・双通路型機の中では最も客室が静かで、350以上の座席を持つ旅客機の中では最軽量。

新型コロナウイルス対策

【機内にて】
・お食事時を除き、常にマスクの着用をお願いしております。
・すべてのお客様に、「プロテクトキット(使い捨てマスク、使い捨て手袋、消毒ジェル)」をご用意しております。

【機内環境・清掃】
・細菌の99.97%を除去可能な大型フィルターを備え、常時空気循環を行っております。
・すべての航空機は、到着後に清掃・消毒を行います。
・リネンやブランケットは、毎便ごとに洗濯・高温乾燥・100度のアイロンがけがされ個々に包装されます。
・エコノミークラスの枕カバーは都度破棄されます。ヘッドセットも消毒後、個々に包装されます。
・機内食に利用する調理器具とカトラリーは洗浄後、高温消毒されます。
・消毒済みの器具は、使い捨て手袋をして取り扱われ、カトラリーは個々に包装されます。

【機内対応】
・客室乗務員は、マスク・保護メガネ・手袋に加え、個人用保護スーツを着用し、お客様との接触を最小限にサービスを行います。
・ギャレーには消毒液をご用意しており、飛行中いつでもご利用いただけます。

【機内サービス】
<ファースト・ビジネスクラス>
・通常通り、飛行時間に応じ、温かいお食事を含む機内食を提供しております。
・アルコールを含むすべてのお飲み物、スナックを提供しております。
・ご搭乗時のウェルカムドリンク、おしぼりも提供しております。
・通常通り、ダイニングサービスにて、好きな時間に好きなものをお召し上がりいただけます。
・テーブルセッティングは中止しており、トレイにて提供しております。
・通常通り、飛行時間に応じ、ブランケット・枕・アメニティキット・寝具・パジャマの提供をしております。
・メニューカードは便ごとに新しいものを用意しております。
・機内食の事前注文は中止しております。
・機内の社交エリア・ラウンジはご利用いただけません。

<エコノミークラス>
・通常通り飛行時間に応じ、温かいお食事を含む機内食を提供しております。
・アルコールを含むすべてのお飲み物を提供しております。
・通常通り、飛行時間に応じ、ブランケット・枕・アメニティキットの提供をしております。
・お子様用のキッズパックの提供は中止しております。

空港のラウンジについて(2020/10/6現在)

・成田空港のJALラウンジは現在営業短縮の為、ご利用いただけません。
・ドーハ・ハマド国際空港では、現在「Al Mourjan Business Lounge」「Oryx Lounge」がご利用いただけます。
*ビュッフェスタイルのお食事の提供は行っておりません。また、営業するラウンジ・サービス内容は変更になることがございます。

◆カタール航空の取り組みについて、詳細は→こちら

関連記事

  1. ラックス*サウス・アリ・アトールの取り組み

  2. 【モルディブ】入国に伴うガイドライン(7月15日から入国可能)

  3. ソネバの取り組み