【コモ・ココア・アイランド】《2023年3月》~ 小さな島なのに魅力満載のハートフルリゾート ~

コモ・ココア・アイランドに行かれた「ティダ様」より、旅行記をいただきました。

ご旅行時期:2023年3月(5泊)/ シンガポール航空利用 / ご参加形態:夫婦
リゾートチョイスのポイントは?

✅ハウスリーフが良い
✅小さな島
✅静かな大人リゾート
✅リゾートに美しい砂州がある

特に美味しかったレストラン、メニューは何ですか?

レストランは「Ufaa」1箇所のみですが、モルディブの自然と調和するナチュラルさと品の良いインテリアが心地良く、レストランに差し込む光の具合でも朝・昼・夜で雰囲気が異なるので、同じレストランで飽きるということは一切ありませんでした。逆に、飽きさせない空間演出に、ココアのセンスの良さを感じました。

朝食のセミビュッフェ(パンやヨーグルト、ジュースなど)以外の温かい料理、昼食、夕食は全てアラカルト料理ですが、メニューの種類が豊富で内容も毎日変わるので、毎回メニュー選びが楽しくて仕方ありませんでした。
滞在中にいただいたお料理全て美味しかったですが、特に私のお気に入りは、イタリア料理全般(魚介のパスタ、牛肉のラグーソースパスタ、ピザ)、ラムやビーフのグリル、フィッシュフライ入りタコスです。

持って行ってよかったものは?

・ラッシュガード&トレンカ(サンゴ保護の観点から極力日焼け止めは使いたくないので、これらは必須アイテムです)
・サンゴに優しい日焼け止め
・数枚のビニール袋(滞在中に出たプラスチックごみはモルディブでは捨てず、毎回ビニールに入れて持って帰っています)

今回のご滞在で心に残っているもの、人、景色、場所、体験などを教えて下さい

「プール付き1ベッドルームヴィラ」の居心地の良さ
ベッドルームとリビングルームに分かれている造りも快適でしたが、それに加えて、リビングルームの壁4方向のうち3方向が全面ガラス張りになっており、カーテンを開けると一面青い海に囲まれ、まさしく ”海の真ん中にいる” と感じさせてくれるヴィラでした。朝起きるとサンデッキから朝日が眺められ、干潮時には部屋の周りに砂州が現れ、水かさもくるぶし位になるので、泳ぐだけでなく海の中を散歩する、という様々な自然美を体験することができました。

海を身近に感じられるガラス張りのリビングルーム

ハウスリーフ&エクスカーションで見た美しい珊瑚
ここ数年、温暖化の影響でダメージを受けた珊瑚を見てきたので、ココアの浅瀬に生きている珊瑚を見つけた時はとても嬉しかったです。ドロップオフ付近のハウスリーフでも、元気な珊瑚を見ることができ、まだまだ数は多くないですが、少しずつ復活してきているんだなと、胸が熱くなりました。
また、ボートで行ったスノーケリングポイントでは、首都マーレに比較的近い南マーレ環礁でも、こんなに美しい珊瑚が見られたことに驚きと感動で胸がいっぱいになり、また一つ忘れられない思い出ができました。

スタッフ全員のホスピタリティの素晴らしさ
私たちを担当してくれたバトラーのFannyさんの笑顔、いつも親身になって相談に乗ってくれる温かさに癒されると共に、レストランでのサーブを対応して下さったので、いつもレストランに行けば相談ができるという状況が私たちにはとても快適でした。Fannyさんだけでなく客室マネージャーのWisamさんも、島内で私たちを見かけると、ファーストネームで呼んで話しかけてくださり、滞在中問題はないか、楽しんでいるかなど、絶えず気にかけてくれました。GMのVincentさんも、毎日夕食時にゲスト全てのテーブルを回り、今日は何を楽しまれましたか?など聞きながらゲストとの会話を楽しんでいらっしゃいました。その他、ダイビングスタッフや、スパスタッフ、島内で会うスタッフ皆が親しみやすく気軽に声をかけてくれ、ゲストとスタッフ皆が家族なんじゃないかと思わせてくれる程、心地よい対応をしてくれました。コロナ禍でしばらく海外から遠のいていた私には、ココアでの温かいホスピタリティが心の奥まで染みわたり、より思い出深い滞在になったのだと思います。

木のフォルムがフォトジェニックなココアの風景

今回のご旅行全体の感想・印象を教えて下さい

コロナ禍で約3年間海外に行くことができなかったので、久しぶりの海外旅行であったモルディブでは、静かな島でゆったりと自分のペースでリゾートライフを満喫したいという思いから、部屋数が少なく小さな島である「コモ・ココア・アイランド」を選びました。
ココアに到着するまでは、小さな島でただただのんびりしようと思っていたのですが、実際にはココアの美しい自然の中で遊び回る毎日、こんなにもやりたい事で満載の滞在になるとは想像もしていませんでした。夜明け前に起きて、部屋のサンデッキから朝日が昇るのを待ち、朝日を見ながら干潮で浅くなった部屋前の海を歩いたり、島の東側に伸びる砂州に歩きに行ったり、朝食後はハウスリーフでスノーケリング三昧、昼食後も真っ青な砂州を歩き、コモシャンバラで至福のスパ、お気に入りのリビングで本片手にコーヒーを飲み、夕暮れ時にはどこで夕日を見ようか悩む。。。島1周15分程でレストラン&バーは1箇所のみのこじんまりとしたリゾートですが、2週間近く滞在しても飽きることはないんだろうなぁ…と感じました。
リゾートの雰囲気やインテリアは決して豪華ではありませんが、センスの良いナチュラルなインテリアでモルディブの美しい景色を引き立てているお洒落さが心地よく、ココアの自然に没入することができました。そして何よりも、今回の滞在で素敵な思い出を沢山作ることができたのは、家族のように接してくれたココアスタッフの温かさのおかげだと思います。コロナ禍でのモルディブ旅行にココアを選んで本当に良かったです。
最後に、出発まで色々とアドバイスを下さったブリュクシートラベルのスタッフの方々にも深く感謝申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ココアの砂州から見た島の全景

今回のご旅行の評価
非常に満足 やや満足 どちらとも言えない やや不満 非常に不満
リゾートの雰囲気
お部屋
お食事
サービス・ホスピタリティ
航空会社
ブリュクシー・スタッフから一言

ティダ様、モルディブ里帰り旅行からお帰りなさいませ。
沢山送っていただいたお写真はどれもステキなものばかりなのですが、真っ先に元気な珊瑚の写真に目を奪われました。私も3年前にココアに滞在しましたが、その時よりもずっと生き生き、キラキラしていて、魚影も濃く、ココアのハウスリーフが健在、いやより良くなっています。また、ボート・エクスカーションで行かれたポイントの珊瑚群は圧巻です。近くにこんなステキなポイントがあるなんて!驚きました。
ご出発前に、レストランが1か所というのを心配されていましたが、日替わりのテーマディナーなどを堪能していただけたようで、安心しました。それにしても美味しそうなボンゴレ(パスタ)とラム。。
モルディブには、「海の上に建つ=水上ヴィラ」は数多くありますが、ガラス張りの窓に囲まれた「プール付き1ベッドルームヴィラ」の ”海の真ん中にいる” 体験は、他のリゾートでもなかなか出来ないと思います。ココアのこの部屋だからこそ、砂州、遠浅のラグーンの景色を眺められ、海を独り占め!という感覚を味わえたのでしょうね。
「3年ぶりのモルディブ、ココアではのんびり過ごす」予定が、朝日よりも早く起きて、砂州の散歩、朝スノ、スパ、夕日鑑賞。。など忙しく過ごされたご様子。ですが、これぞ「ココアの過ごし方<モデルプラン>」。
ココアの島と海の自然、そしてスタッフの温かいおもてなしに触れ、癒され、心身ともに充電できたと思うと、私共もこの上ない幸せでございます。
この度は、お忙しい中、素敵な旅行記とお写真をお送りいただき誠にありがとうございました。次回の里帰り旅行も、ティダ様が求めていらっしゃるモルディブを感じていただけるようなリゾートの情報を集めておきますので、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。ティダ様のご旅行のお手伝いができることを、楽しみにております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


ティダ様からはステキな動画もいただきましたので、弊社で編集・BGMを入れて1本のムービーにしてみました。
静寂をまとうリゾートの美しい風景と、魚群が行き交うハウスリーフの様子をお楽しみ下さい。

関連記事

  1. 【フォーシーズンズ・アット・クダフラ】《2019年7月》~結婚記念日を、想い出のクダフラで~

  2. モルディブ視察レポート<2020年3月>㉓ ココア<夕食(2日目)>

  3. カンドゥル