ラックス*サウス・アリ・アトールの取り組み

ラックス*サウス・アリ・アトール』より、新型コロナウイルスへの対応についてご案内が届きました。

ラックス*サウス・アリ・アトールでは、例外なく、モルディブ到着前にPCR検査が必要となります。
下記ご一読下さい。

モルディブ到着前

    • マーレ到着の5日前以内にPCR検査を受けていただき、予約課に陰性証明書を送付下さい。またその証明書はリゾートにもご持参下さい。旅行出発前に陽性が判明した場合は、リゾート到着の3日前までであれば新型コロナウイルスに伴う特別キャンセル条件が適用されます。
    • ラックス*の専用水上飛行機ラウンジにてPCR検査を受けていただきます。費用はお一人様US120ドルでお客様負担となり、チェックアウト時の精算に含めます。検査は医療従事者により行われ、結果は4~6時間程で、最大でも24時間以内にわかります。結果が出るまでは、水上飛行機ラウンジではなく、ヴィラまたは指定された公共エリアでお過ごし下さい。

リゾート滞在中

【チェックイン】

  • マーレ空港出口にてリゾートスタッフがお出迎え、ラックス*の専用水上飛行機ラウンジにご案内し、チェックイン手続きを行います。
  • ラウンジスタッフはマスクと手袋を着用します。
  • ソーシャルディスタンスを保ち接触を最小限にします。
  • リゾート到着後、直接ヴィラへご案内します。

【お部屋】

  • お客様の到着前に、強い殺菌力のあるオゾン処理を行い、接触部分は紫外線処理を行い、最大限の清掃を行います。
  • お部屋は、前回のお客様の使用後、24~48時間空けて、次のお客様に使用します。
  • 滞在中は、毎日清掃・消毒・紫外線処理を行います。清掃担当者は使い捨てのエプロン、靴カバー、手袋、マスクを着用します。
  • ベッドデコレーション、ターンダウンデコレーションは、衛生面を考慮し、実施いたしません。
  • 汚れたリネン類は、他のお部屋と一緒にならないように取り扱います。

【レストラン】

  • 新しいガイドラインに従って衛生管理を行い、ソーシャルディスタンスを保つようテーブルを配置します。
  • セミビュッフェは週に数回提供しますが、シェフがソーシャルディスタンスを保ちながら取り分けます。
  • QRコードで読み取れるデジタルメニューをご利用いただけます。

【エクスカーション】

  • 最大20名まで→10名までに人数を減らして行います。

【チェックアウト】

  • 24時間前に電子請求書をお送りします。紙の領収書が必要な場合のみ、印刷してお渡しします。
  • スーツケースはスピードボート・水上飛行機に乗る前に消毒します。
  • リゾート出発前にPCR検査結果が必要なお客様は、リゾートにて検査が可能です。
    検査キットは厳格なチェックの下、病院の検査室に運ばれ、結果は最長で24時間以内に届きます。検査費用は1回US120ドルでお客様負担です。

新型コロナウイルスの感染疑いがある、または感染した場合の対応

  • 熱などの症状があるゲストは、症状がなくなるまでお部屋で待機いただきます。その際、お食事はお部屋でお召し上がりいただきます。食事やお飲み物代はかかりますが、インヴィラ追加代金は免除されます。
  • お客様が滞在中にPCR検査で陽性反応が出た場合、そのお客様のみ隔離施設へ移動いただき、ご家族やご同行者の方は付き添うことはできません。但し、感染されたお客様が3歳未満または付き添いが必要な深刻な健康状態の場合は例外です。3~11歳のお子様で、どうしても保護者の付き添いを望まれる場合は、状況に応じて判断致しますが、同行された場合、リゾートへ戻る前にPCR検査を受けていただき、最大28日間の隔離期間を設けます。
  • 隔離施設へ移動されるお客様につきましては、リゾートの前払い金から隔離施設滞在費を引いた差額分を、次回のリゾート滞在分に充当するという形で、宿泊クレジットを提供します。次回旅行時に同行されるお客様の割引はございません。
  • 隔離施設へ移動されるお客様の同行者が途中でリゾート滞在をキャンセルされる場合の返金につきましては、その都度リゾートマネージャーと要相談となりますが、次回のリゾート滞在にご利用いただける宿泊クレジットを発行することが多いです。
  • 感染されたお客様が隔離施設を選ぶことはできず、モルディブの保健機関が指定します。入院の場合は、お客様が病院を選ぶことができます。

関連記事

  1. クラウン&チャンパ・リゾーツの取り組み

  2. ソネバの取り組み

  3. バロスの取り組み