安心安全にモルディブへ【シンガポール航空編】

シンガポール航空は、成田発着のSQ637/638便に加え、6/16よりSQ11/12便の運航を決定しました。
成田発のSQ11便は火・木・土曜の週3便(※8月以降は日曜も加え、週4便)、シンガポール発のSQ12便は月・水・金・日曜の週4便です。
2021年10月までの運航スケジュールは下記の通りです。

《成田発着》
*9月  : 往復= 毎日(SQ637/638)、火 / 木 / 土 / 日(SQ11)& 月 / 水 / 金 / 日(SQ12)
*10月: 往復= 毎日(SQ637/638)、火 / 木 / 土 / 日(SQ11)& 月 / 水 / 金 / 日(SQ12)

《羽田発着》
*9月  : 往復= 火 / 木 / 日
*10月: 往復= 火 / 木 / 日

《関西発着》
*9月  : 往復= 毎日
*10月: 往復= 毎日

《中部発着》
*9月  : 往復= 水 / 土 / 日
*10月: 往復= 水 / 土 / 日

《福岡発着》
*9月  : 往復= 木・土
*10月: 往復= 木・土

また、「シンガポール-マーレ間」のフライトは、シルクエアーからシンガポール航空便名での運航に変わり、2021年8月現在、SQ438/437を週3便(水・木・日曜)、SQ432/431を週5便(月・火・金・土曜)の運航になりました(機材はシルクエアー)。

【重要】モルディブ入国に際し、日本出発の96時間以内に検査・取得されたPCR検査陰性証明書の提示が必要です。

新型コロナウイルス対策には最新の注意を払い、様々な取り組みを行いながら、安心・快適な空の旅をご提供いたします。
シンガポール航空のサービスにつきまして、下記にご案内致します。是非、モルディブ旅行計画にお役立て下さい。

フライトスケジュール(成田/羽田/関西/中部/福岡-マーレ)
*SQ=シンガポール航空(2021/8/1現在)

《往路》
◆ 日本 → シンガポール
SQ637便  成田  10:10発  - シンガポール 16:20着    (所要時間:7時間10分)*毎日運航
SQ011便  成田  19:00発  - シンガポール 01:15着(翌日)(所要時間:7時間10分)*火/木/土/日のみ運航
SQ635便  羽田  22:55発  - シンガポール 04:55着(翌日)(所要時間:7時間00分)*火/木/日のみ運航
SQ623便  関西  23:50発  - シンガポール 05:05着(翌日)(所要時間:6時間15分)*毎日運航
SQ671便  中部  10:30発  - シンガポール 16:05着    (所要時間:6時間35分)*水/土/日のみ運航
SQ655便  福岡  10:55発  - シンガポール 15:55着    (所要時間:6時間00分)*木/土のみ運行
◆ シンガポール → マーレ
SQ432便  シンガポール 10:05発  - マーレ 11:55着    (所要時間:4時間50分)*月/火/金/土のみ運行
SQ438便  シンガポール 20:20発  - マーレ 22:10着    (所要時間:4時間50分)*水/木/日のみ運行

《復路》
◆ マーレ → シンガポール
SQ431便  マーレ 12:55発  - シンガポール 20:55着    (所要時間:5時間00分)*月/火/金/土のみ運行
SQ437便  マーレ 23:10発  - シンガポール 07:10着(翌日)(所要時間:5時間00分)*水/木/日のみ運航
◆ シンガポール → 日本
SQ638便  シンガポール  23:55発  - 成田 08:00着(翌日)(所要時間:7時間05分)*毎日運航
SQ012便  シンガポール  09:25発  - 成田 17:30着    (所要時間:7時間10分)*月/水/金/日のみ運航
SQ634便  シンガポール  13:55発  - 羽田 21:50着    (所要時間:6時間55分)*火/木/日のみ運航
SQ622便  シンガポール  14:55発  - 関西 22:35着    (所要時間:6時間40分)*毎日運航
SQ672便  シンガポール  01:30発  - 中部 09:15着    (所要時間:6時間45分)*水/土/日のみ運行
SQ656便  シンガポール  02:15発  - 福岡 09:15着    (所要時間:6時間00分)*木/土のみ運行

※発着時間は現地時間です。(時差:モルディブは日本より4時間遅れ、シンガポールは日本より1時間遅れ)

PCR検査要件(2021/9/9より)

シンガポールへの入国またはシンガポールを通過する旅行者は、フライト出発予定日の48時間以内に出発前のCovid-19・PCR検査を受ける必要があります。

◆対象者:シンガポールに入国または経由する旅行者すべて(シンガポール国籍と永住権保有者を含む)
◆免除対象:
・2歳以下のお子様
・過去21日間に次の場所に滞在していた旅行者
中国、香港、マカオ、台湾(9月9日シンガポール現地時間23:59以降)

◆可能なPCR検査の種類:
シンガポール入国・経由に際し使用可能なPCRテストとは PCRと記載のあるテストのみです。(RT-PCR、PCR、Rapid PCRなど)
※Nucleic Acid Amplification test (NAAT)  – LAMP,TMA, TRC, NEARなどは認められません。
※Antigen Rapid test  –  lgM serology testなどは認められません。

◆PCR検査結果の記載に必要な内容:
検査結果の内容は、国際的に認定または承認されている検査機関からのものである必要があります。
英語で記載し、以下が明記されている必要があります。
1. 陰性の検査結果 (要件を満たしていれば、手書きの検査証明書可)
2. 検査日
3. 旅行者のパスポートに記載されている氏名、および
4. 旅行者に関する最低一つの詳細(生年月日、国籍/市民権、パスポート番号、国民認識番号のいずれか)

なお、日本でのチェックイン時及びシンガポールでのトランジットの際、スタッフはPCR検査結果証明書の原本を確認しますが、提出は求めません。

渡航制限についての最新の情報は、シンガポール航空のサイトでご確認いただけます。

新型コロナウイルス対策

【機内にて】
・お食事時を除き、常にマスクの着用をお願いしております。
・すべてのお客様に、「SIAケアキット(マスク、手指消毒剤、抗菌ウェットティッシュ)」をご用意しております。
・乗り継ぎのお客様と乗り継ぎのないお客様に分かれた専用の着席ゾーンを設けています。

【機内環境・清掃】
・細菌の99.97%を除去可能なHEPAフィルターを備え、2~3分おきに空気循環を行っております。
・すべての航空機は、搭乗前に徹底した清掃・消毒を行います。
・ヘッドホン、ヘッドレストカバー、枕カバー、ベッドシーツや毛布は、フライトごとに清潔なものへ交換しています。
・すべての使用済みリネン類は、高温洗浄しております。
・化粧室は定期的に殺菌消毒を行います。
・機内エンターテイメントは、シンガポール航空・モバイルアプリにより、ご自身のスマートフォンで操作できます。

【機内対応】
・客室乗務員は、マスク・保護メガネ・手袋などの個人用保護具を着用し、お客様との接触を最小限にサービスを行います。

【機内サービス】
・機内販売は一時的に中止しておりますが、商品をオンラインで事前購入して、機内にてお受け取り、または、ご自宅へ送付が可能です。
・新聞・雑誌などは搭載しておりませんので、事前にアプリでダウンロードをお願いします。
・機内食は、接触回数を減らすため、ワントレーでのご提供になります。
(ビジネスクラス等で実施していた事前メニュー予約 “ブック・ザ・クック” は現在中止しております)

空港のラウンジについて(2021/8/1現在)

・成田空港での利用可能ラウンジは、ANA Suite Lounge(ファーストクラス)、ANA Lounge(ビジネスクラス)のみです。
・羽田空港での利用可能ラウンジは、Ana Suite Lounge and ANA Lounge(本棟・4階)のみです。
・関西空港、中部空港、福岡空港のラウンジは、一時閉鎖しております。
・チャンギ空港での利用可能ラウンジは、ターミナル3のクリスラウンジです。但し乗り継ぎのお客様は、ラウンジはご利用できず、プレミアム待合エリアをご利用いただけます。

シンガポールでの乗り継ぎ(2021/8/1現在)

シンガポール・チャンギ空港での乗り継ぎは、出発都市により段階的に許可されています。乗り継ぎはシンガポール航空グループ(シンガポール航空、シルクエアー、スクート)間のフライトのみ可能です。他の航空会社から、または他の航空会社への乗り継ぎは現在のところできません。

チャンギ空港での乗り継ぎが可能かどうかは、こちら(英語)をご確認ください。

  • チャンギ空港への到着時:全ての乗り継ぎのお客様にはリストバンドが配布され、係員が乗り継ぎゲートまたは乗り継ぎ待合エリアへとご案内します。
    乗り継ぎ時間が75分未満の場合、直接次の搭乗口へ向かいます。乗り継ぎ時間が75分以上の場合、指定の乗り継ぎ待合エリアにお連れします。
  • 移動の制限:法的規制により、次の搭乗ゲートまたは乗り継ぎ待合エリアへ移動の際、店舗や化粧室、各施設に立ち寄ることはできませんが、乗り継ぎ待合エリアに各施設の用意がございます。
  • 指定の乗り継ぎ待合エリア:快適な椅子、飲食物の自動販売機、喫煙室、リクライニングチェアを備えた仮眠スペース、無料Wi-Fiおよび清潔な化粧室が備えられています。飲食時以外はマスクを着用し、乗り継ぎ待合エリア内に常時留まってください。
  • プレミアム待合エリア:PPSクラブ会員、スイート、ファーストクラス、ビジネスクラスのお客様は、プレミアム待合エリアをご利用いただけます。無料Wi-Fi、軽食とお飲物、リクライニングチェアを備えた休憩エリアをご用意しています。
  • お客様の乗り継ぎ便:搭乗案内に従い、お客様の便の出発約75分前に保安検査と搭乗のため、乗り継ぎ待合エリアから搭乗口へとご案内します。ご利用クラスに関わらず、乗り継ぎのお客様は最初に搭乗します。

*空港内トランジットホテルは、ターミナル3(アンバサダー・トランジット・ホテル)で営業を再開しており、事前予約をしているお客様はご滞在が可能です。降機時に空港スタッフにお申し付け下さい。

*最新の情報は、ウェブサイトの乗り継ぎについてをご覧ください。

*************************************

さまざまな制約の中で、ご迷惑をお掛けしますことをお詫び申し上げます。快適な空の旅を全てのフライトでお楽しみいただけますよう、サービスの提供に努めて参ります。
最新の情報は、下記ウェブサイトにてご確認ください。

●COVID-19インフォメーションセンター →こちら
●お客様の健康と安全のために →こちら

関連記事

  1. バロスの取り組み

  2. モルディブにおける新型コロナに関する情報・データ①【医療体制編】

  3. 安心安全にモルディブへ【エミレーツ航空編】