2023年3月 ソネバジャニ視察レポート

2023年3月のモルディブ視察レポートを連載中ですが、詳しい内容を掲載しているので、今回もかなりの長編になりそうです。
そこで、「早く見たい!」「旅行記楽しみにしています!」というリクエストの多い『ソネバジャニ』を、一足お先にぎゅっとまとめた滞在レポートにして、ご紹介します。

~~~~~~~~~~~~

水上飛行機場を降り、ソネバジャニへ向かうボートからの景色。

この「インディゴブルー」と「クリスタルブルー」の2色からなるラグーン、息をのむほどに美しい。
このラグーンを見るために、ソネバジャニへ来る価値があります。

 

リゾートマップ

ソネバジャニには、2つの水上ジェティ(桟橋)があります。
左側(ピンク)は「ノースジェティ」、島を挟んで、右側(ブルー)は約2年前に完成した「サウスジェティ」

お部屋(ウォーター・リザーブ)

今回宿泊したお部屋が、サウスジェティにある『1ベッドルーム・スライダー付き・ウォーターリザーブ( 555㎡ )』

ジブリ映画に登場しそうな外観

 

入口を入ると、ガラス床のあるダイニングテーブル&リビングスペース、ゆったりとしたベッドルーム、そして書斎まで備えられています。
ノースジェティにあるお部屋「1ベッドルーム・スライダー付き・ウォーターリトリート( 411㎡ )」との違いは、
・リビングルーム:リトリートは円形のリビングスペース、リザーブはガラス床&ダイニングテーブル
・サンデッキ&プール:リトリートは部屋のすぐそばにプール、そしてサンデッキ、リザーブはサンデッキがあってプール

☆ウォーター・リトリート(ノースジェティ)は、こちらをご参考ください。

レストラン

朝食@Down to Earth

ノースジェティの真ん中にある『ギャザリング』と呼ばれる建物(エリア)があります。

そのギャザリングの中にあるレストラン「Down to Earth」
朝食では、自家製オーガニックガーデンの朝採れ野菜、10-20種類のチーズやハム類、ヌードルコーナー、パンケーキやワッフル、カレーや飲茶などヴァラエティ豊かな料理をいただけます。

美しいラグーンを眺めながら、美味しい朝食。
ステキな一日が始まる予感がいっぱい。

彩り鮮やかなフルーツがズラリ

朝食@サウスビーチ

リザーブの近くにあるサウスビーチでも、朝食を食べることができます。
ビュッフェに並んでいる種類はDown to Earthと比較すると少ないですが、十分なラインナップ。
卵料理や温かい食べ物(フレンチトースト、パンケーキ、カレーなど)は、オーダーして作ってもらえるのは、Down to Earth同様。
白砂の上にセッティングされたテーブルで海を眺めながらゆったりとした時間の中で食べる朝食は、格別です。

ランチ@The Crab Shack

サウスビーチにある「ザ・クラブ・シャック」は、ランチのみ営業。
ガーリック&オニオンのシンプルな味付けのBlack Pepper,スパイシーなChili Crab,ガーリックバターやジンジャーなどと共にスチームしたメニューなど6種類。
メインとなるクラブ(蟹)が美味しいのはもちろん、イカのカラマリやガスパッチョ、蟹のサラダなど前菜も美味しい!必食です。

廃材のみを利用したインテリアだけど、とてもオシャレ

フォトジェニックなサウスビーチ

絶品です!

夕食@ディレクターズ・カット「Director’s Cut」

島側にある日本料理レストラン。
海の上に建てられた映画スクリーン「シネマパラディソ」を見ながら、食事を楽しめます。

海に浮かぶ幻想的なレストラン

刺身、炙り握り・細巻き・巻き&裏巻などお寿司、天麩羅、焼き物、お肉、お魚など、メニューの種類豊富。
日本で食べる和食に近い味付けです。

白身魚の味噌焼き。身がふんわりして美味しかったです。

 

夕食@「Overseas by Mathis Dahlgren」

ストックホルムでミシュラン1つ星レストランのシェフ「Mathis Dahlgren」監修のレストラン。
水上のギャザリングの隣にあります。
野菜、オーガニック、シーフードがメイン。独創的な料理や盛り付けで、オシャレで美味しい夕食を楽しめます。

席は屋外にあるのですが、雨がパラついてきたので、ギャザリングの中で食べました。

天井から吊り下げられたクラゲのモニュメント

ライトアップされて幻想的。

 

Carpaccion of Yellowfin Tuna

おシャレな盛り付けのカルパッチョ!

Shrimp a la Plancha

ガーリックがきいて、グリルされた海老が香ばしい

雰囲気も味も良く、ワンランク上の食事を堪能できました!

現在ご案内している朝夕付きプランは、おひとり様200ドルまでのクレジットがあるので、メニューの中から好きなものをかなり選べます。

キッズクラブ(DEN)

構想に数年、2022年8月にオープン。
子供たちの楽園、秘密基地『The DEN(キッズクラブ)
足を一歩踏み入れた瞬間、「楽しーーーい!」が押し寄せてきます♪

大きなプール

長いスライダーのあるプール

建物の2階には、11歳以上のティーンエージャーが利用できる部屋もあります。

Music ルーム。楽器は本物です。

ビリヤード、エアホッケー、ピンボールなどのあるゲームルーム

 

ジップラインもあるんです!

楽しそう!

大人でもワクワクするDen。
基本的に「子供のための空間」ですが、子供と一緒ならコッソリ(?)利用できるみたいですよ。

 

ウェルネス、スパ(Soneva Soul)

リゾートオープンしても尚、進化を続けるソネバ(ジャニ&フシ)。
『Soneva Soul』と呼ばれるウェルネス複合施設も、2021年完成しました。
3階建ての広大の施設には、スパのトリートメントルームだけでなく、自然の風を感じられるヨガパビリオン、最新マシンが揃ったジム、メディテーションの部屋、ジュースバーなどが揃っています。
スパトリートメントはもちろんですが、360度を見渡せるSoneva Soulの施設で、海、ジャングル、自然の風などを感じるだけでも癒されます。

木製の小道を裸足で歩いているだけでウェルネス効果アリ。

 

自然の風を感じられる施術を受けられるトリートメントルーム

 

エアリアルヨガもできるヨガパビリオン

 

シュノーケル

🐟ハウスリーフ・シュノーケリング

遠浅ラグーンに囲まれたソネバジャニの周辺にはハウスリーフはありませんが、週に3回ほどソネバジャニからボートで数分のポイントへ行く無料(♪)の「シュノーケリングトリップ」を実施しています。

「シュノーケルポイントと言っても、美しいラグーンに囲まれたリゾートからすぐそばにあるのだから・・」と期待薄めに行ってみたら、、
なんと、なんと!良い状態の珊瑚が多く、魚もかなりいました🐟
これを無料で催行するなんて、、さすがSoneva!!

ポイントはソネバジャニの目の前

ピキピキ珊瑚!

魚の群れもかなり見られました。

ドロップオフには元気な珊瑚、そして魚もたくさん!

 

🐟シュノーケル・エクスカーション

★Noonu Atoll Guided Snokelling(USD125++)約2時間★
バトラーから「手つかずの自然が残っているヌーヌ環礁なので、珊瑚の状態がとても良いポイントに行きますよ」と勧められ行ってみました。
「魚が見られたらいいな。」と軽い気持ちで行ってみたら、凄い!素晴らしい!大感動!!!
シュノーケルを加えながら、「わぁー!」「すごーい!」を連呼していました。
安くない値段設定ですが、シュノーケリング好きの方にはぜひ参加してもらいたいです。

海に入ってすぐに、極上珊瑚!

魚ぐっちょり!

魚の群れ!!

ニモもいました。

特にドロップオフは珊瑚も魚も凄かった。

 

 

その他島内(フォトジェニック)

ソネバジャニの水上群「ノースジェティ」と「サウスジェティ」の間にある島は、緑豊かでジャングルのよう。
自転車での島内サイクリングは、とても気持ちが良いです。

緑の森をサイクリング

そして、キラキラ輝くラグーンの景色にウットリ✨

ギャザリングの前のアクアマリン色のラグーンは、息をのむ美しさ

 

豪華な施設、美味しい食事、モルディブの美しいラグーンの「青」と、ジャングルの「緑」の両方を堪能できる『ソネバジャニ』、極上のリゾートライフをぜひ!!

 

関連記事

  1. バアアトール・フードフェス2018 ~バア環礁ダイニングをご堪能あれ!~

  2. 自分の部屋で迷子になる!? 桁外れの超豪華なお部屋6選

  3. ハネムーナーにおすすめ☆ハネムーン特典が充実のリゾート・2019夏

  4. 海の中でお食事!? ~水中レストラン、スパがあるリゾート~

  5. モルディブ+もう1都市に滞在! ~立ち寄りプラン~

  6. モルディブ好きがオススメする・ハウスリーフの良いラグジュアリーリゾート 5選

  7. ちょっと背伸びして、ワンランク上の滞在を体験!?

  8. 【Newリゾート】2023年9月視察レポート【Avani+ Fares 】

  9. 《あんなの☆こんなのベスト3》~フォトジェニックなラグーンが広がるリゾート5選~【続・楽園モルディブ2019】