【ミライドゥ】《2023年2月》~様々な海洋生物に出遭えるスノーケリング天国~

ミライドゥに行かれた「MM様」より、旅行記をいただきました。

ご旅行時期:2023年2月(6泊)/ シンガポール航空利用 / ご参加形態:夫婦
リゾートチョイスのポイントは?

✅ハウスリーフが良い
✅小さな島
✅静かな大人リゾート

優しく波が打ち寄せるターコイズブルーの海

 

特に美味しかったレストラン、メニューは何ですか?

Ba’theli レストラン:頼んだもの全て

持って行ってよかったものは?

洗濯物干し、洗濯ばさみ

今回のご滞在で心に残っているもの、人、景色、場所、体験などを教えて下さい

何と言ってもハウスリーフでのシュノーケリング!
乾期のベストシーズンで天気は良いがバトラー曰く「カレントシーズン」ということで潮の流れがかなり強く、また、波も強い日もあり、そんな時は水中が濁ったようになる時も多かったけれど、それでもなおかつ、うわ~~ッの連続。ドロップオフ近くまで行くと降るような魚の群れ!群れ!これまで4度のモルディブの中でも群を抜く魚群!!!中でもムレハタダイの大群には何度遭遇しても、水中でうわ~~~!!!、そしてその群れの中で泳ぐ、群れと一緒に泳ぐ、幸せ!!! それだけでも大満足なのに、誰もがうわっの二モも毎度、亀とは4度、マダラトビエイ、そして何と一度は大きなタコとも一緒に泳ぐことが出来たぁぁ! 年齢(トシ)を忘れて大はしゃぎの毎日でした。

ヨスジフエダイの群れは圧巻

今回のご旅行全体の感想・印象を教えて下さい

50歳を過ぎて初めてモルディブに行きその魅力にとりつかれて4度、その後両親の介護と送りで中断の時期を経てさぁモルへ!と思った矢先にコロナ、5年振り、恋に焦がれたモル行きがやっと実現しました。 その間、どのリゾートにしようか皆様の旅行記等をネットサーフィンするうちにブリュクシートラベル様を知り、今回のモル行きをサポートしていただきました。

★トータルでリゾートの魅力★
ヴィラ含む全てのリゾートの施設・内装が美しく、好みでした(決して華美ではない落ち着いたお洒落)。朝食会場ともなるメインレストランOCEANは特に好きです。ティファニーカラーのテーブルセッティングと海のコーラルブルーとのマッチングが美しく、いつまでも座っていたい場所でした。 もちろん、ホスピタリティも十分 アルコールが全くダメな我々夫婦のために、最初にそれを知ったウエルカムドリンク以降全て、カクテルパーティの際にも何も言わずとノンアルコールのシャンパンやカクテルを用意してくれたこと等等。

Oceanレストランでの朝食、ティファニーブルーのテーブルセッティングがお気に入り

★前述のハウスリーフの魅力★
我々ダイビングをやらないシュノーケルラバーには最高でした。

★ミライドゥのリゾートの魅力はトータルの総合力★
特に有難かった事を挙げます。
●昼前にリゾートに着いた我々に、着いたその時から予約の水上ヴィラは入れないので別のビーチヴィラを丸々貸していただけたこと、そして何と最終日夕方遅いフライトのため17時半まで我々の水上ヴィラを使わせていただいたこと!感激でした。丸々一日以上、一泊分を追加料金無しで過ごさせていただきました。それもごく自然にどうぞと言う感じで。
●ブリュクシートラベル様の特典で「ハネムーンサービス」が付きました(60代以上夫婦で何とも照れくさいのですが)。これが想像以上のクオリティで、毎度毎度うわ~ッと感謝感激。「特製ケーキ」とあったのでケーキは予想していましたが、そのセッティングが凄い!そしてどのサービスも我々が部屋にいない時に用意されサプライズのセッティングでした。
●何から何までバトラーがやってくれます。バトラーとのやり取りはスマホのショートメール、最初は英語で打つのが少々面倒でしたが慣れました。

お部屋の広いサンデッキで至福の時間

特製ケーキに添えられた素敵なセッティング

★ミライドゥで少し気になった点★
これらがリゾートの魅力を下げることはなく、トータルで最高なバカンスを過ごせたことは間違い有りません。
●その日によりましたが、部屋の掃除が不完全でした。髪の毛が少し残っていたり、タオル交換がされなかったり、ティッシュペーパーの補充が無かったり。
→バトラーさんに言ったらすぐにタオル等持ってきてくれました。
●OCEANでの食事。朝食ビュッフェは美味しかったです。ただ、OCEANでの夕飯・朝食のアラカルトは量が多く、ソース等の味つけが濃く、我々の好みではありませんでした。特典の部屋でのキャンドルライトディナーもOCEANからの食事提供と思われますが、味・量ともに我々には無理で残してしまいました。
→バトラーさんにメニューや頼み方の相談をしました。バッテーリやショアライングリルは美味でした。
●白い泡のような大きな固まりがヴィラ周辺を漂っていました。もしかすると排水の管に穴でもあいているのでは?何か構造上の問題があるのでは?推測ですがそう感じました。この美しい海の上に人工物を建造するのだから細心の保守をして欲しいと切に思います。
●マレでの到着日泊のホテルで、支払がされていないと言われ宿泊代を請求されました。
→現地手配会社に電話をし解決しました。
●我々がモルに行けずにいた間にどんどん価格が上がってしまい、ミライドゥでのバカンスは我々の当初想定した予算からは大幅に上がってしまいました。

★その他のこと★
●リゾートでは白人系が大半、アジア系が4組程度でした。 ロシアが一番多く、次にドイツ・イギリスとのこと。
●ハウスリーフでの時間、リゾートでまったり過ごす時間がステキすぎて特にアクティビティには参加しませんでした。特典で無料で付いている「ヨガ」や「料理教室」も不参加でした。
●「ドルフィンクルーズ」はクルーズ自体はどうということもないのですが(小さなイルカの群れは見えますが)世界各国からのお客様と同じ空間で同じ体験をするという雰囲気を楽しみました。

もう、次はどうしようか、どこに行こうか、夫婦間での話が始まっています。。

真っ白なビーチと青い海&空、緑のヤシの木が揃う絵葉書のような景色

今回のご旅行の評価
非常に満足 やや満足 どちらとも言えない やや不満 非常に不満
リゾートの雰囲気
お部屋
お食事
サービス・ホスピタリティ
航空会社
ブリュクシー・スタッフから一言

5年ぶりのモルディブ里帰り旅行、MM様の「素晴らしい!最高でした!」のお言葉を目にする度に、胸が熱くなります。特にMM様は2022年の渡航も視野に入れながらも、情勢を見極めながら最終的に今年2023年の乾季に行かれることを決断され、ようやく実現された里帰り旅行で心に残る思い出を沢山作られたようで、本当に良かったです。
ミライドゥのハウスリーフは、ビーチヴィラ前~水上ヴィラ前まで広範囲に広がり、魚影の濃さも抜群ですので、毎日様々な海洋生物と出会う大興奮のスノーケリングをお楽しみいただけたようですね。お送りいただいたお写真はどれも魚で溢れています。またMM様お気に入りのBa’theliレストランでの航海をしているような気分でいただく創作モルディブ料理は、ミライドゥでしか味わえない食の楽しみ方ですね。ご滞在中に気になった点もお知らせいただき有難うございます。素敵なリゾートにはこれからも質の高さを継続してもらいたいので、今後のサービス向上の為にもリゾートに報告させていただきます。
この度は、お忙しい中、素敵な旅行記とお写真をお送りいただき誠に有難うございます。次回の里帰り旅行もMM様のご希望に合ったリゾートをご紹介できるよう情報を集めておきますので、お気軽にご相談いただければ嬉しいです。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

関連記事

  1. 【ミライドゥ】《2019年3月》~文句のつけようのないリゾートで最高のバカンス~

  2. 2018年12月 モルディブ視察レポート18<ヴァッカル2> リゾート内視察

  3. 【ミライドゥ】《2019年4月》~初めてのダイビングに大興奮!~