【ミリヒ】《2023年7月》~ なんでもっと早くに来なかったんだろう、ミリヒ! ~

ミリヒ・アイランド・リゾートに行かれた「Rits 様」より、旅行記をいただきました。

ご旅行時期:2023年7月(6泊)/ シンガポール航空利用 / ご参加形態:夫婦
リゾートチョイスのポイントは?

✅ハウスリーフが良い
✅小さな島
✅美しいビーチ
✅素朴な雰囲気

桟橋からの景色は、「これぞミリヒ!」と感じさせてくれます

木陰が広がるミリヒのビーチに心奪われます

特に美味しかったレストラン、メニューは何ですか?

夫の誕生日が到着日の2日前だったにも関わらず、ケーキでお祝いしてくれました。

バースデーケーキ&ベッドデコレーションのサプライズにびっくり!

持って行ってよかったものは?

USB多ポート型付コンセント (お部屋にUSB電源ポートが無かった)

今回のご滞在で心に残っているもの、人、景色、場所、体験などを教えて下さい

⚫︎シュノーケリング
カラフルな魚がヴィラ周りでさえ沢山いて、見ていると泳がずにはいられなくなり毎日何回もシュノーケリングをしました。 多くの方のブログ写真で目にして羨ましく思っていたパウダーブルーサージョンフィッシュの群れ(ヴィラNo35、36辺り)をついに見ることができました。感動です!小判鮫の群れは人懐こくまとわりついて来るし、ひっくり返って背中を掻いている?サメの仕草は面白かった。珊瑚はエクスカーションのエリアには及びませんが、色々な種類の魚が多く、思わず魚の名前をネット検索したくなる最高に楽しい海でした。

水上ヴィラ周辺の海にも魚がいっぱい

⚫︎ミリヒハウスリーフシュノーケリング(エクスカーション)
久しぶりに元気な珊瑚が広がる海を見ることができました!温暖化影響前の海を知っている者としては、まだ回復途中と言わざるを得ませんが、初めてモルディブでシュノーケリングをした時のことを思い出しました。感動再びです。カメやロブスターも見ました! このハウスリーフはミリヒのラグーンの縁の辺りで、ヴィラやビーチからはエントリーしづらいので、廣前さんの視察レポートで珊瑚が復活してきていると伺い参加して良かったです。

エクスカーションで見た元気な珊瑚の森

復活しつつある珊瑚とウミガメとのコラボレーション

 

⚫︎ナイトシュノーケリング(エクスカーション)
初めて体験しました。日中ではなかなか見つけられない種類の魚を見ることができて興味深い。ライトを携えてのシュノーケリングはスリリングで楽しかった。ウニ見ました! このエクスカーションはあまり見かけないので今回参加できて良かったです。

⚫︎お部屋&ルームクリーニングスタッフ
広くもないが狭くもない、滞在動線の優れたお部屋は、思いのほか居心地が良すぎて、リラックスしてしまい、Murakaバーへサンセットを見に行くタイミングを逃しました。

動線が良く居心地の良い部屋

*ベッドルーム、洗面所、シャワールーム各々からサンデッキへ出入りでき、また各ガラスドアから充分に光が差し込み、どこにいても明るく気持ちがよかった。
*サンデッキは、部屋からの眺めも海を近くに感じることができる程よい広さ。海へ降りる階段はシャワー付、フィンを履いたままでも支障がない幅広で使いやすかった。

*クローゼットや玄関脇のシンプルな収納棚が何と無しに使いやすかった。
*ベッドルームの窓は、海側(全開口できる折りたたみ窓)と反対側壁(3段階開口ができる小窓)にあり、オープン時には風がよく通り気持ちがよかった。天井が高くて、より広く感じた。 また、木の床は裸足にも快適。特筆すべき事として、ルームクリーニングスタッフさんのお見事なお掃除。砂や埃が全く気にならないほど綺麗にしてくださり、日本の屋内並みに清潔、床はピカピカでした。持参したスリッパは不要でした。 このスタッフさんはお掃除だけでなく、スコールの時には外に出しっぱなしの靴やサンデッキのものを片付けてくれたり、時には日本やモルディブの話題で会話を盛り上げてくれるなど、気配りも素晴らしい人でした。 なお、靴を一度も履きませんでしたが、足の裏の汚れも気にならなかったのは、ミリヒの砂がサラサラでキレイだからかなとも思いました。 ちなみに、水上ヴィラの桟橋島側のたもとにシューズラックがあり、桟橋だけサンダル履きたい時(日中は熱いなど)に自由に利用できます。ありそうでなかなかない、モルディブあったらいいなアイテムだと思います。

⚫︎スタッフさん
ルームクリーニングスタッフさんだけでなく、どの部門のスタッフ皆さん人当たりが良く好印象でした。勤続年数が長い方も多く、スタッフ同士和気あいあいとした雰囲気、皆さん個性的(あくまでも個人的な主観)で存在感があります。バトラーはいないけど、皆が色々と世話を焼いてくれました。レストランスタッフは、毎晩ボトルワインを頼む私に、3日目には「予算に合わせてワインをお選びしますよ。毎日飲むんでしょ(笑)」とさりげない気遣いがあり、気取らないホスピタリティのおかげでリラックスできました。

⚫︎自然
今までのモルディブでは見たことがないものを、ミリヒで初めて目にしました。
*サギ、シロハラクイナの子供。心暖まりました。
*満潮時には見えなかった他の島が、干潮時に水平線の彼方に現れる現象。不思議な体験でした。

今回のご旅行全体の感想・印象を教えて下さい

「なんでもっと早く来なかったんだろう!ミリヒ!!」
リゾートチョイスで毎度も候補に挙がっていたのに、後回しにしたことが悔やまれるほどです。私が理想とするプールやバスタブ、TVなどが無く、シンプルで控えめな優雅さのある自然豊かなリゾート、というより島!でした。 定評のあるジンベイトリップは、既に何回か見たことがあるので今回参加しませんでしたが、それだけではない期待通りの極上のリゾートライフとなりました。 「ミリヒは10回目」というゲストさんがいらっしゃってお話を伺うと、「違うリゾート行っても結局ここに戻ってきちゃうんだよねー」って仰ってました。 ブリュクシートラベルさんにはこのような旅行記を書く機会を与えていただき、「モルディブ、いいところだったな〜楽しかったな〜と」、改めて素敵な思い出が蘇りました。また旅の相談から手配そしてフォロー、何から何までご対応いただきいつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

絵葉書の世界に迷い込んだかのようなミリヒの景色

オレンジ色に染まる朝日と美しいシルエットに心癒されて。。。

今回のご旅行の評価
非常に満足 やや満足 どちらとも言えない やや不満 非常に不満
リゾートの雰囲気
お部屋
お食事
サービス・ホスピタリティ
航空会社
ブリュクシー・スタッフから一言

ミリヒからお帰りなさいませ。Rits様の旅行記を拝見し、「なんでもっと早く来なかったんだろう!ミリヒ!!」というお言葉がとても印象的で、今回こそはRits様に一度ミリヒに足を運んでいただきたいという思いから、ミリヒをお勧めして本当に良かったと心から思いました。ミリヒは1周歩いて10分程の小さな島で、華やかさや娯楽要素はほとんどありませんが、モルディブの真の美しさ・素晴らしさを感じることが一番の目的であれば、ミリヒは最高のリゾートですよね。サギの子供やシロハラクイナの親子が安心して上陸できるミリヒは、まさしく自然に愛された島で、うっとりしながらお送りいただいたお写真を眺めておりました。念願のパウダーブルーの群れにも遭遇、ミリヒから少し離れた場所にあるハウスリーフでは復活した珊瑚もご覧になられ、ナイトシュノーケリングにも挑戦されるなど、新鮮な感動も味わうことのできた里帰りとなりましたね。旅行記を読み進むごとに、私共もRits様の感動をお裾分けしていただいたようでした。

この度は、お忙しい中、詳細な旅行記と素敵なお写真をお送りいただきまして、誠に有難うございました。次回モルディブ里帰り旅行をご計画の際も、Rits様のご希望に合ったリゾートをご紹介できるよう情報を集めておきますので、どうぞお気軽にお声をお掛け下さいませ。Rits 様の旅のお手伝いができますこと楽しみにしております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

【 ミリヒ・アイランドリゾート ギャラリー 】

メインジェティから見たミリヒは、本当に小さく愛らしい島

ビーチにあるのは、白いパラソルとヤシの木だけ

< ~ハウスリーフシュノーケリング~ 水上ヴィラのすぐ近くに沢山の魚が泳いでいます >

水上ヴィラの周辺にはハウスリーフが広がります

ムスジコショウダイの群れにも遭遇

< ~ 昼下がりは、ビーチ沿いのバーでランチ&スパでリラックス >

水上ヴィラの桟橋から島内へと続く道

< ~ ミリヒからボートですぐ近くのハウスリーフで行ったシュノーケリング ~ >

珊瑚に群れる青い魚たち、なんとも言えない美しさ

< ~ 1日の終わりは、美しい景色と共に美味しいお酒を・・・~ >

Anba バーでいただいたカクテル

 

< ~ メインレストラン Dhonveli でいただくビュッフェディナー ~ >

Dhonveli レストランでのビュッフェディナー

 


ステキな動画も沢山いただきましたので、弊社で編集・BGMを入れて1本のムービーにしてみました。
ミリヒの朝の静けさと、大迫力のハウスリーフをご堪能ください!

関連記事

  1. 【オーゼン・リザーブ・ボリフシ】《2022年8月》~スタッフの温かさに触れた、モルディブ里帰り~

  2. アンガガ・アイランド・リゾート&スパ

  3. 【ザ・ノーチラス・モルディブ②】《2023年3月》~ ギャラリー編 ~