モルディブ視察レポート《2019年10月》Day2・その① ~ヘリタンス・アーラ視察

2019年10月に行われた、弊社スタッフによる3泊5日間のモルディブ視察レポートです。
1日目からの続き、「ヘリタンス・アーラ」での2日目をご紹介。

2019年10月・モルディブ視察レポート ~Day2・その①~

起床後、早速テラスでお天気チェック。雲は少しありますが、今日はお天気が良さそう!
滞在したオーシャンヴィラは北西向きで、遠くにオーシャンスィートが見えます。

お腹ペコペコの状態で(←昨夜食べ過ぎたのに)、いざ朝食へ!
ヘリタンス・アーラでは、「Ranba」または「Ralu」で朝食がいただけます(オーシャンスィート泊の方は、スィート専用レストラン「Baani」もご利用可能)。
今朝は「Ranba」で視察メンバーの皆様と朝食をご一緒しました。

◆Ranba◆
オーシャンヴィラの桟橋たもとにある「Ranba」は、朝・昼・夕食ともビュッフェスタイルの、インターナショナル料理です。
温かい卵料理などはオーダーできます。スリランカ資本のリゾートなので、スリランカ料理もありました。

かなりお腹いっぱいなので(←いつも食べ過ぎてる)、島内視察で少しカロリーを消費しなくては!

◇ヘリタンス・アーラ視察・お部屋編◇

◆ビーチヴィラ◆
まずはビーチヴィラ(51室)へ。アウトドアシャワーがある以外、オーシャンヴィラ(56室)とほぼ同じ造りです。
ヘリタンス・アーラの全てのお部屋は、テラスからバスルームへ直行できるので、動線がとても良いです。

ビーチヴィラには、プール付きのタイプも10室あります。

◆ファミリービーチヴィラ◆
続いて、ファミリータイプのビーチヴィラ(5室)。
ダブルベッド、ツインベッドと、2つのベッドルームがあり、内部で行き来できるインターコネクトタイプのお部屋です。ファミリータイプのヴィラは、ジェットバスが付いたバスタブです。

プール付きのファミリービーチヴィラ(2室)は、お部屋が埋まっていたため見学できませんでしたが、プール無しのお部屋と同じ造りとのことです。

◆オーシャンスィート◆
オーシャンスィートは、1階がリビングルーム(ガラス床あり)、2階がベッドルームの2階建ての造りです。

オーシャンスィートは、ワインセラーにミニキッチンもあり、ゆったりとした造りで、1ランク上の滞在が楽しめます。

尚、水上タイプ(オーシャンヴィラ、オーシャンスィート)のお部屋はバトラーが付きます。

◇ヘリタンス・アーラ視察・レストラン編◇

ヘリタンス・アーラは、レストランが6つにバーが4つもあり、全てがオールインクルーシブで利用できます!(スィート専用のBaaniとFalhuは追加代金で利用可能)
今回は、朝食以外のレストランと、バーを見せていただきました。

◆Ambula、Sky Bar、Hathaa◆
まずは、レセプションの近くのレストラン&バーからご紹介。
シンプルモダンなインテリアの「Ambula」は、夕食時のみオープンのレストラン。モルディブ&スリランカ料理が楽しめます。

Ambulaの2階にあるルーフトップバー「Sky Bar」では、満天の星空の下でお飲み物をいただける、心地よい空間です。AmbulaやHathaaでのディナーの前後に立ち寄り、食前酒・食後酒などを楽しむのがオススメです!

炉端焼き風「Hathaa」は、カウンターに16席のみの小ぢんまりとした人気レストラン(写真がなくすみません・・・)。東京、バンコク、ニューデリーなどをテーマにした各国料理が、日替わりで味わえます。
ちなみに、この日の夜はTOKYOナイトだったようで、通りかかった時に覗いたら満席でした。

◆Ginifati◆
オーシャンスィートの桟橋のたもとにある「Ginifati」は、夕食時のみオープンのシーフード料理レストラン。波の音を聴きながら、ライトアップされたテーブルでロマンティックな雰囲気でディナーをいただけます。

◆Baani、Falhu◆
お次は、オーシャンスィートとレジデンス専用のレストラン「Baani」と、すぐお隣にあるバー「Falhu」。天井から吊られた魚群の飾りが印象的な、ラグジュアリーな空間です。

天井から吊るされた魚のオブジェ。圧巻!

Baaniは朝食から夕食まで通しで営業しているので、時間を気にしなくても良いですね。
尚、BaaniとFalhuは、オーシャンスィートとレジデンス宿泊者専用ですが、宿泊者以外の方でも、追加代金を払えばご利用いただけます。

◆Infinity Pool Bar◆
続いては、Infinity Pool Bar。桟橋を挟んだBaaniとFalhuの反対側にあります。
カウンターの周りを、ブランコの椅子が囲んでいます。

◆Bandhi Pool Bar◆
オーシャンヴィラの桟橋のたもと、メインレストランRanbaの近くにある「Bandhi Pool Bar」。
白を基調としたシンメトリなデザインの室内は、天井が高くて開放感があります。外のデッキは、インフィニティプールを囲むようにデッキチェアやテーブルが置かれ、心地よい音楽と共に、軽食やお飲物が楽しめます。
ワゴンにある数種類のアイスクリームは、もちろん無料。ワゴンカートは時間によって島内を巡回しているとのことです。

リゾート内視察、まだまだ続きます・・・。
続きは→こちら

関連記事

  1. エメラルド・モルディブ・リゾート&スパ

  2. 2018年12月 モルディブ視察レポート9<ダイアモンド・トゥドゥフシ7(まとめ) >

  3. 2018年5月モルディブ旅行記15 シックスセンシズラーム⑥「ごはんですよー!」