【特集】フェスティブシーズンのモルディブってどんな感じ!? ~ ヘリタンス・アーラ編 ~

12月半ばから、モルディブのリゾートではクリスマスデコレーションが行われ、美しい島の風景がより一層華やかな装いに変わります。日本では体験できない南国クリスマスの雰囲気を感じに、是非、フェスティブシーズンのモルディブに訪れてみてはいかがでしょうか。

今回、いくつかのリゾートに協力いただき、2020年フェスティブシーズンの写真を送っていただきました。
第6弾は、6つのレストラン&4つのバーがダインアラウンドで楽しめる、オールインクルーシブ・リゾートの『ヘリタンス・アーラ』です。
スリランカ資本のリゾートらしく温かいおもてなしが好評のヘリタンス・アーラでは、どんなフェスティブシーズンを迎えるのでしょうか。

* * * * * * *

まずは、ガラディナー・ビュッフェの様子です。
色とりどりのマカロンを重ねて作られたツリーがありますね! ツリートップには星の代わりに、花びらが幾重にも重なった大輪の牡丹のような花飾りが置かれ、小さな白い花やゴールドの球が、上品で趣があるツリーに仕上げています。

テーブル上にはパーティーハットが置かれ、ゲストの到着を待っています。ゴールドの色味が加わることで、テーブルセッティングもより華やかになりますね。

さて、ビュッフェラインをのぞいてみましょう。
こちらはオードブルコーナー。目にも美味しい凝ったオードブルが美しく並んでいます。お寿司のお皿にはキャビアが載ったロールらしきものも並び、普段はあまりお目にかかることがないような豪華バージョンですね。これは是非いただいてみたい…。

ツリーのように頂上から裾野まで色彩豊かに並べられた、オードブルタワー。綺麗に整ったタワーからは、オードブルを取るのをためらってしまうかもしれませんね。

続いて、メインディッシュのコーナーです。クリスマスといえば!の、チキン丸焼きもありますよ。
何色ものスパイスで味付けされたシュラスコの香りが、食欲をそそります。こんがりと焼けたピザにシーフードたっぷりの炒め物など、美味しそうなメニューがずらりと並び、あれもこれもと食べ過ぎてしまいそうです。

そしてお待ちかねの、スイーツビュッフェ。
ブッシュ・ド・ノエル風の盛り付け、クリスマスカラーでコーティングされたケーキ、様々な色と形が繊細なトッピングなど、一年の中でも特別なガラディナーらしく豪華で煌びやかなラインナップです。
キッズコーナーに並ぶキャンディ形のスイーツも可愛らしいですね!

ディナーの後は、ガラ・パーティーの時間です。
パーティーの開始を告げる花火が打ち上げられ、その後も続けざまに夜空に花を咲かせます。

新年の瞬間を迎えるために、カウントダウンまではスタッフも時間を気にしながらの進行です。
今日だけは夜更かしもOK、白いドレスでおしゃれをした可愛らしい子供が、ワクワクしながらその瞬間を待ちわびています。

世界的にも未曽有の一年となった2020年が、終わりを告げようとしています。

そして、2021年・新しい年を迎えました。
花火も新年を祝福しているかのように、パーティーに華を添えます。

カウントダウンを皆で祝った後は、メインバーでの賑やかなパーティータイム。
ミュージシャンの伸びやかな唄声がパーティーを盛り上げ、ダンスをしたり、記念撮影をしたり、思い思いの楽しみ方で過ごしました。

 

お問い合わせ・お見積もりはこちら

関連記事

  1. 【特集】フェスティブシーズンのモルディブってどんな感じ!? ~ ジョアリ編 ~

  2. 【特集】芸術美に包まれた隠れ家『JOALI MALDIVES』の魅力

  3. 【特集】モルディブ好きがオススメする・ハウスリーフの良いラグジュアリーリゾート 5選