【日本】入国に伴うガイドライン(2022年11月1日現在)

2022年10月11日午前0時より、水際対策が変更となりました。

日本の水際対策(厚生労働省HP)

    • 日本に入国する全ての旅客は、入国時検査が不要となり、入国後の自宅または宿泊施設での待機、待機期間中のフォローアップも求められません。
    • 但し、ワクチン接種証明書(3回接種済み)または 出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書のいずれかの提出が必要です。

水際対策に強化に係る新たな措置のQ&A(厚生労働省HP)

Visit Japan Webについて(2022年11月1日0時以降)

Visit Japan Web(入国手続オンラインサービス)とは、「検疫手続(ファストトラック)」「入国審査(※日本国籍の方は不要)」「税関申告(携帯品・別送品申告)」をウェブ上で行うことができるサービスです。
*利用可能空港:成田、羽田、関西、中部、福岡、新千歳、那覇空港

なるべく日本出発前に、Visit Japan Webにて必要事項の登録をお済ませ下さい。
水際対策の強化に係る新たな措置が更新される場合がありますので、日本入国予定日の2週間前以内の登録をお願い致します。

Visit Japan Web 操作説明(厚生労働省HP)
Visit Japan Web よくある質問(厚生労働省HP)


検疫手続事前登録(=ファストトラック)』に、必要書類(ワクチン接種証明書、質問票などの記入)を入国前にWEB上で登録することで、入国時にアプリ画面を見せるだけで検疫手続きがスムーズに済みます。

ファストトラックは、遅くとも搭乗便到着予定日時の6時間前までに事前申請を完了してください。
有効なワクチン接種証明書をお持ちでない方は、現地にて出国前72時間前以内のPCR検査後、日本到着の6時間前までに、出国前検査証明書の登録をお済ませ下さい。

Visit Japan Web ファストトラック操作説明(厚生労働省HP)

※以前ファストトラックで使われていたMySOS(入国者健康居所アプリ)は、Visit Japan Webと統合されたため、2022年11月14日以降はご利用いただけません。

検疫手続に必要な書類(2022年10月11日0時以降)

◆ ワクチン接種証明書(3回接種済み)

    • マイナンバーカードをお持ちの方:
      新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をダウンロードして、発行手続きを行ってください。
    • マイナンバーカードをお持ちでない方:
      各自治体に、3回接種済みの証明書(英文表記があるもの)の発行を申請してください。

◆ 出国前検査証明書 *有効なワクチン接種証明書をお持ちでない方

現地出国前72時間以内に検体採取した検査の陰性結果の証明書の提出が必要です。
検査証明書を提出できない場合は、日本への上陸が認められません。

◆ 質問票 *ファストトラックをご利用できない方

ファストトラックが利用できない場合、質問票記入を事前に終わらせる必要があります。
質問票WEBより回答し、QRコードを作成してください。


より詳細な情報は、厚生労働省のホームページにてご確認ください。
ガイドラインは、今後の状況に応じて変更になる可能性がございますので、予めご了承下さい。

また、モルディブへの渡航にあたり、下記もご参照ください。

【モルディブ】入国に伴うガイドライン

関連記事

  1. ミリヒの取り組み

  2. エティハド航空の取り組み

  3. シックス・センシズの取り組み