【特集】フェスティブシーズンのモルディブってどんな感じ!? ~ ヴァッカル編~

12月半ばから、モルディブのリゾートではクリスマスデコレーションが行われ、美しい島の風景がより一層華やかな装いに変わります。日本では体験できない南国クリスマスの雰囲気を感じに、是非、フェスティブシーズンのモルディブに訪れてみてはいかがでしょうか。

今回、いくつかのリゾートに協力いただき、2020年フェスティブシーズンの写真を送っていただきました。
第2弾は、ヤシの木が沢山茂り美しいビーチと海に囲まれ、食とホスピタリティの評価も高いラグジュアリーリゾート『ヴァッカル』です。

* * * * * * *

『ヴァッカル』のクリスマスを象徴するのは、ヤシの実で作られた大きなクリスマスツリーです。
サンタの約3倍もの大きさを誇り、ヴァッカル自慢の美しいビーチに圧巻の存在感を与えています。

 

ツリーの周りには、雪だるまやそりが飾られています。青い海と真っ白なビーチをバックにクリスマスオブジェと一緒に写真を撮るのは、いつものモルディブ風景とはひと味違った雰囲気が楽しめ、子供たちだけでなく大人も童心に返ることができます。

 

ビーチの別の場所には、いくつもの流木を集めて作られたノスタルジックなツリーが置かれています。
ヤシの実や流木などを利用したツリーはモルディブならではの発想で、新鮮な驚きと感動を感じます。

日が沈むと、ツリーに装飾されたライトが灯されゴージャスな装いへと変わり、ガラディナーをより一層盛り上げてくれます。

暗闇の中に浮かびあがるココナッツツリーは、沢山のオーナメントで飾られているわけではありませんが、ライトの光が一つ一つのヤシの実に反射してできた陰陽が独特の模様を作り出し、立体感がありヴァッカルらしい気品溢れる姿になっています。

 

12月24日に催されたガラディナーでは、ビーチにテーブルが並べられ、赤いテーブルクロス&ナプキンやクリスマスオブジェで美しくデコレーションされます。お洒落着に身を包み特別なセットアップの下、すぐ近くに海を感じながらディナーを楽しむ、ヴァッカルはモルディブでのクリスマスナイトを期待以上に演出してくれます。

 

部屋のインテリアとパブリックスペースの雰囲気がとても上品で、モルディブの美しい自然にも恵まれ、様々な食事と温かいホスピタリティも体験できる、そんな「ヴァッカル」で、クリスマス休暇を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

* * * * * * *

ヴァッカルよりスペシャルムービーも届きましたので、併せてお楽しみください!

お問い合わせ・お見積もりはこちら

関連記事

  1. 【特集】2度目のモルディブ ~ビーチヴィラに泊まる~

  2. 【特集】バアアトール・フードフェス2019 ~夏だ!バア環礁を食べつくそう!~

  3. 【特集】リゾート・ウェディング ~水上チャペルで永遠の誓い~

  4. 【特集】バアアトール・フードフェス2018 ~バア環礁ダイニングをご堪能あれ!~

  5. 【特集】海の中でお食事!? ~水中レストラン、スパがあるリゾート~

  6. 【特集】モルディブ好きがオススメする・ハウスリーフの良いラグジュアリーリゾート 5選

  7. 【特集】ハニファル・ベイでぐるぐるマンタと遭遇!?

  8. 【特集】自分の部屋で迷子になる!? 桁外れの超豪華なお部屋6選

  9. 《あんなの☆こんなのベスト3》~インスタ映えするバーがあるリゾート5選~【続・楽園モルディブ2019】